葬儀に参列する前に

自分の葬儀について考える


トップ » 自分の葬儀について考える

葬儀におけるマナーとは

葬儀は、マナーが問われます。参列する人のマナーとしては、服装が大切です。服装は、基本的にはブラックフォーマルの恰好で参列します。男性の場合には、ネクタイと靴下も黒色で統一します。女性の場合には、ネックレスやイヤリングは真珠の素材のものを使うようにします。こどもの場合には制服があれば制服でもかまいません。かばんはやコートは、動物の殺傷を連想させるような毛皮製品を使わないようにします。葬儀に参列するときには、香典を持参し、その宗派にあわせてお参りをします。香典に入れるお札は新札を使わないようにします。

葬儀を行う際に気をつけたいこと

人には誰でもいつかはお別れのときが訪れます。そうやって自分の近しい人が息を引き取ることは心が引き裂かれるように辛いこと。しかしじっくりと哀しみにくれる間もなく、すぐに故人の葬儀の準備に取りかからねばなりません。そうやってしめやかに送り出してあげることで、その人への感謝と弔意を心から指し示すことができるのです。そこでまず重要なのは、どの葬儀社と共に準備を進めるかということに尽きるでしょう。故人や遺族の意向に沿った葬儀を形作ることのできる会社を選択する必要があります。

HOME | SITEMAP

© Copyright 宗教から離れた葬儀とは. All rights reserved.